ご予約/電話 086-265-7007

午前/ 9:00~12:30
午後/ 15:00~18:00 ※木曜14:30~16:00 土曜14:00~16:15

ご予約空き状況はこちら[休診日] 日曜・祝祭日

診療案内

インプラント

実際の治療のプロセスについては、個々のケースによって多少異なってきます。
一般的には、手術を2回行いますが、1回で済むケースも増えてきました。
ここでは、最もポピュラーな2回法のインプラント治療の流れについてご説明いたします。

インプラント治療の流れ

精密検査、治療計画

1.問診

インプラント治療を受けたいと考えるようになった経緯をお伺します。入れ歯で長年苦労しているとか、天然歯のような美しい歯を入れたい、などのご要望をお聞きします。インプラントに関する正しい情報(長所、留意点など)についてもお話させて頂きます。

2.精密検査

(1).レントゲン、「歯科用CT」検査・・・他施設へ依頼
顎骨の形態、骨質などを知るためには最も重要な検査項目です。
パノラマX線写真で全体的な大まかな骨量や形態の把握はできますが、CTにより、さらに詳細な断層像を得ることができます。
CTのデータをPCに入力して、3次元的に分析することにより、治療計画の立案が可能になります。

  

(2).口腔内診査
虫歯や歯周病の有無のチェックをします。粘膜や骨の状態を視診、触診にて検査します。インプラント治療前に、虫歯や歯周病の処置が必要かの診断も行います。

(3).口腔内写真(ケースによっては、顔貌写真)
治療前の歯牙、歯肉の状態を記録しておくことは、治療後の評価だけでなく、患者さんへの説明用資料として役立ちます。

 

(4).診断用模型作製、Wax up
口腔内の形状を正確に把握するために、歯型を採って、咬合器と呼ばれるかみ合わせを再現できる器械にはめて、治療前の状態を再現します。それと合わせワックスにより治療後の状態を再現します。
それにより、上顎と下顎の正確な距離の測定や、模型上での治療プランを立てることが可能になります。

(5).内科的検査
全身疾患のある方への血液検査、血圧測定などは、必要不可欠です。
内科の主治医に意見を求めて、治療するかどうか決定する場合もあります。

3.検査結果の説明、治療プラン、見積もりの提案

精密検査の結果を下に、CT画像、診断用模型などからインプラント埋入の可否及び術式などを説明します。
その後、患者さんへの「治療計画書」と「治療見積書」を作成し、お渡しします。

4.治療開始

治療法、費用、期間などに同意して頂けた場合は、「治療契約書」を作成し、治療を開始いたします。

1次手術

一言で言うと、「インプラントを顎の骨に埋め込む手術」です。
手術の前に、精密検査で発見された虫歯の治療を行い、歯周病の初期治療を完了し、歯肉を安定した良い状態にします。術中、術後の感染を防ぐには欠かせません。
まず、局部麻酔下において、歯肉を切開して、顎骨を出します。骨に穴を開け、インプラント体を埋め込みます。ドリルで穴を開ける時に、サージカルステントと呼ばれるドリリングのガイドとなる装置を用います。穴を開ける方向、深さの指標にします。
径の小さなドリルから徐々に大きくしていき、埋め込むインプラント体の所定の径まで大きくしたら、ねじ山(タップ)をホール内につくります。 その後、インプラントをゆっくり回しながら、形成した深さまで押し込んでいきます。インプラントの上部にカバースクリューという部品を装着して、歯肉を元の状態に戻します。
1次オペの時間ですが、口腔内の状態にもよりますが1本なら30分、10本程度なら2~2.5時間です。
入院等の必要はありません。

2次手術

インプラントに「アバットメント(支台)」を連結させる手術です。
オペの時間は1本なら10~15分が目安です。
局所麻酔下にて、歯肉を開き、インプラントの頭の部分を出し、インプラント上部に装着していた「ヒーリングキャップ」という部品をはずします。
インプラントの周囲を十分清掃、消毒した後、アバットメント(支台)を装着します。 アバットメントには、長さ、太さはもちろんのこと、角度付や、審美面を配慮したものまで多種多様なラインナップが存在します。ケースによって決定されます。
その後、歯肉を元に戻し縫合し、1週間くらいで糸抜きして、4週間後に上部構造(被せ)作製の段階に進みます。

2次オペ前の状態。
歯肉の中にインプラントが 埋まっている状態です。
2次オペ終了時の状態。
アバットメントを装着し、 歯肉の傷を待ってから上部構造を作製します。

上部構造の作製

2次手術から4週間後には、歯肉は治癒しますので、インプラントレベルあるいは、アバットメントレベルでの印象(歯型)を採り、上部構造(被せ)を作製します。
上部構造は、大きくは、ネジ止めタイプとセメント合着タイプがあります。 それぞれ長所、短所がありますので、ケースによって使い分けします。
上部構造の詳細については、当サイトの治療例をご参考にして頂ければと思います。 また、審美面の考慮が必要なケースは、プロビジョナルクラウン(仮歯)を作製、装着して歯肉の形態を整えていく場合もあります。歯肉の移植を行うケースもあります。

歯科用CT診断

歯科用CTによる診断は、骨量、骨形態、骨質などをを正確に把握できる最も有益かつ必要不可欠な検査です。
インプラント治療において、埋める予定の場所に十分な骨量があるか?インプラント長さ、直径や埋める方向、角度などを算出することができます。 また、CT画像を下に、シュミレーションソフトを使用して、さらなる詳細なデータ解析を行うことも可能で、治療プランを決定する一助になります。

  

手術当日は?

器具はもちろんのこと、術者は十分に消毒し、滅菌されたガウンを来てオペに臨みます。
手術当日は、口腔内の清掃、消毒を十分に行った後、オペを開始します。
血圧、脈拍、心拍数、血中酸素濃度などの全身状態の把握ができるモニターを利用して全身状態を常時監視します。
当院は口腔外科麻酔科の歯科医がおり、外科処置だけでなく、歯科麻酔についても、安心に治療を受けていただけます。安全・安心・納得のインプラント治療への一切の妥協をしない、という姿勢で、術者、介助者、歯科麻酔医のチーム医療で臨んでいます。

診療時間

日・祝
9:00~12:30
15:00~18:00
※木曜14:30~16:00 ※土曜14:00~16:15

新型コロナウイルス感染症予防対策として、診療時間を一部変更しております。
詳しくはお電話でお問い合わせください。

[休診日]日曜・祝祭日

ご予約空き状況

更新日:2020年8月3日
ご予約状況は日々変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

 
  8/108/118/128/138/148/15 8/178/188/198/208/218/22
午前
午後

[マークの見方]○ご予約いただけます ▲あとわずかです ×ご予約できません /休診日
毎週月曜日に2週間分の予約状況をアップしています。ご予約をご希望の方は、空き時間を参考にお電話でお問合せください。

ご予約・お問合せ

電話 086-265-7007
歯は命とつながっている はなふさ歯科医院[一般歯科]

〒702-8026 岡山市南区浦安本町73-6

[アクセス] 岡山駅より岡電バス岡南飛行場、浦安本町下車、徒歩1分 / 岡山市役所から車で約30分