tel 086-265-7007

〒702-8026 岡山県岡山市南区浦安本町73-6

MENU

月〜土

09:00〜12:30
15:00~18:00

※木曜午後は14:30~16:00 ※土曜午後は14:00~16:15
休診日
日・祝
はなふさ歯科医院

睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸症とは

睡眠中に呼吸が止まる時間や頻度が多くなると、深い眠りができずに、寝起きが悪くなったり、日中につい居眠りをしてしまったりするという症状が出てきます。このような病気を睡眠時無呼吸症といいます。いびきは無呼吸の前症状です。
最近では、さまざまな事故の引き金になっていることが分ってきて、社会的にも問題になっています。また、高血圧や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病の悪化因子にもなると言われています。
睡眠時無呼吸症の中でも、体重が大きかったり、扁桃腺が大きかったり、顎が小さかったりすることが原因で、喉(のど)の気道が狭くなっている場合を閉塞型睡眠時無呼吸症といいます。これとは別に、脳幹から呼吸筋への指令の異常が原因になっているものを中枢型睡眠時無呼吸症といいますが、実際には9割以上の方が閉塞型睡眠時無呼吸症です。
歯科で対応できるのは、閉塞型睡眠時無呼吸症です。

当院での睡眠時無呼吸症治療の流れ

初診のご予約

お電話で初診の予約をお願い致します。

睡眠時無呼吸症の診断

睡眠時無呼吸症の診断のため、睡眠中にどのくらい無呼吸や低呼吸があるのかを検査します。
(当院では行うことが出来ないため、検査が可能な連携医療機関を紹介します)
睡眠歯科外来では、レントゲン写真、内視鏡検査などにより、口・喉(のど)のどこに原因があるか検索します。そして,スリープスプリントにより治療が可能かどうかを診断します。
※内視鏡は直径4mm程度の細い管で鼻から通します。スプレーの表面麻酔もしますので痛みはほとんどありません。

スリープスプリントによる治療

睡眠歯科外来では、下顎(下あご)を前方に突き出した状態で上下のあごを固定するスリープスプリントというマウスピースを使って治療します。
これは、仰向けで寝ているときに落ち込んでしまう舌やのどちんこを前方に引き出し、気道がつぶれないようにする装置です。
もちろん昼間はつける必要はなく、寝ている間だけつけるつけはずし可能な装置です。

スリープスプリント治療の流れ

  1. 上下の歯の型取りをします
  2. 仮の装置を制作しセットします
  3. 装着した際に痛みや違和感がないように調整を行います
  4. 実際に装着して生活をしていただき、治療効果の判定をします
  5. 長期間使用できるように装置の補強を行います